トップOCDとは? > OCDの症状
OCDとは?

OCDとは?

OCDの症状にはこんな特徴があります

OCDの症状は、「強迫症状」と呼ばれ、次の2つがあります。

強迫観念:不適切な考えが繰り返し頭に思い浮かび、ふり払おうとしても頭にこびりついてしまって、なかなか消し去ることができず、強い苦痛や不安をもたらします。

強迫行為:強迫観念の衝動に従って、苦痛や不安を打ち消すために行われます。 何度洗っても汚れが残っているような気がして、延々と洗い続けてしまう、鍵がちゃんとかかっているのか何度も何度も確認してしまうような繰り返しがみられます。

ほかにも他人からは目に見える行為ではありませんが、頭のなかで祈ったり、数をかぞえたり、何かを唱えるといった行為もあります。

強迫行為は強迫観念に反応して行われ、行っているうちに自分自身で考えたルールができてしまい、今度はそのルールにとらわれるようになります。これらの行為をしないと、何か悪いことが起こるような衝動に駆りたてられてしまうのです。

つまり、本人もおかしなことだとある程度自覚しているのに、繰り返し生じる強迫観念から逃れられず、それに反応した強迫行為もやめることができなくなっていく悪循環に陥るのです。そうなると心身ともに疲れてしまいます。また、どんなに繰り返し強迫行為を行っても、不安や不快感を消し去ることができないところに、この病気のつらさがあるのです。

洗浄や確認、加害不安などOCDのとらわれは、症状名ではなく、その症状の現れ方でサブタイプと呼ぶことがあり、一人の患者さんにいくつか同時にみられることがあります。このようなとらわれは病気の経過中で変化することもあります。たとえば、子どものころは、洗浄の症状が強かった人が大人になるにつれて、洗浄の症状は減ってきたものの、確認の症状がこれまでよりも強く現れるようになる、などです。

私たちは、それぞれ多かれ少なかれこだわりをもっています。なかには、「私はほかの人に比べて神経質すぎるのではないか」「心配症すぎるかも」と自分のこだわりの強さに疑問を感じている人がいるかもしれません。しかし、OCDはそのような性格が単に過剰になったものではありません

OCDかもしれない、とお感じになられたら、ぜひ一度、専門医に相談されることをおすすめします。

自己診断シート≫
お近くの病院検索≫

よくみられる強迫観念と強迫行為

汚染/洗浄

汚染に対する不安(強迫観念)によって、過剰な洗浄行為(強迫行為)をしたくなります。

たとえば、トイレの後、自分が汚れたような気がして、いくら手洗いをしても、「清潔になった」という実感がもてず、延々と手を洗い続けることがあります。また、外出先から戻るとまずシャワーを浴びて、すべて着替えないと気が済まない場合もあります。これは、外からの汚れを持ち込まないためにする行為で、家族に同様の行為を強制することもあります。

外出の準備に何時間もかかったり、帰宅後、洗浄する行為が非常に大変なので、外へ出かけることがつらくなり、引きこもりになってしまう場合もあります。

加害/自分への危害

ちょっとした不注意から、自分に危害が及ぶことを心配する人もいれば、他人に悪いことが起きてしまう(加害不安)という強迫観念をもつ人もいます。

たとえば、自分への危害が心配な人では、刃物がそばにあることで強迫観念が生じ、その刃物に触れていないのにけがをするのではと不安が高じます。一方、加害を不安に思う人では、同じ場面にあっても人を傷つけてしまうのではと不安になります。

加害不安では、車の運転中にちょっとした違和感を覚えただけで、人や動物をひいたのではないかという不安に襲われたり、ホームですれ違っただけでその人を線路へ突き落としたりするのではないかという考えにとらわれてしまう人もいます。

暴力的な衝動があって困るのではなく、そのようなことがもしも起きてしまったら、という不安から過剰に警戒してしまうのです。

確認

確認は、さまざまな強迫観念によって引き起こされる強迫行為です。いずれの場合もあっさり点検しただけでは不十分な気がして、何度も繰り返したり、綿密に確認を行ったりします。

たとえば、外出するとき、玄関に鍵をかけたかどうか不安(強迫観念)になり、何度も確認(強迫行為)します。また、電気製品を使ったあとコンセントを抜いたか、ガスの元栓を閉め忘れていないか、気になって何度も確認してしまいます。

自分への危害、加害不安の強迫観念がある人では、危害を加えたのではないかと過剰に確認することはよくみられます。汚染が気になる人では、きちんと洗えたか、わずかな汚れがついていないかと、確認をすることがあります。

回避

強迫観念をもたらすものや場面を避けるようになります。 たとえば、不潔に感じるものに触らないようにしたり、不潔と思われる場所に近づかないようにしたりします。また、包丁やナイフなどの刃物に強迫観念が起こる人では、その不安から逃れるために刃物を避けるようになります。

正確さ・順序・対称性 への要求

ものの配置が必ず左右対称でないといけない、まっすぐに並んでいなくてはいけないととらわれてしまうもので、たいして意味のないものにまで、厳密にそのルールを当てはめようとします。そして、ルール通りにいかないと落ち着かず不安になります。

また、ズボンのすその位置がちゃんとしているか、机と椅子の高さや本と自分の目の距離が適正かなどが、気になって仕方がないという人もいます。

強迫性緩慢

緩慢(かんまん)とは、ゆっくりで遅いという意味です。頭のなかで強迫的な考えに延々ととらわれてしまい、一つひとつの動作が他人からは非常にゆっくりして見えます。

たとえば、服を着るときや脱ぐとき、または洗面や入浴のときなど、そのやり方が適切かどうか、不安を解消するために延々と考え続けてしまいます。

強迫的ため込み

強迫観念により、ものを過剰に集めて、それを整理したり捨てたりすることが困難になるものです。

たとえば、捨てたら二度と手に入らないのではないか、いつか使うときに大変な後悔をするのではないかという思いから、古新聞や不要になったダイレクトメール、洋服や日用品など捨てられずに、家のなかが不要なものでいっぱいになってしまいます。 また、この機会を逃したら次は手に入らないかもしれない、貴重な情報が載っていたらどうしようなどの不安な動機によって、本来不要なものまで、買ったり集めたりすることもあります。

その他

回数や個数を、さまざまな場面で数えるという強迫行為を行う人もいます。また、4や9など、特定の数字を不吉だと感じ、どのような場面でもその数字を回避しようとします。数字に限らず、以前事故があった場所などに対し、過剰に縁起を意識するあまり、その道を通ることができなくなるなど日常生活に支障をきたすこともあります。

あるイメージや単語、数字、音楽などが繰り返し頭のなかに浮かんできて、消すことができないということもあります。 このようなケースは、他人の目に見える強迫行為がないことが多くなかなか周囲の人には伝わりません。

症状が進行すると……

OCDの患者さんは、自分の強迫症状を人に知られないように隠していることが多く、治療の機会を逃してしまうことも少なくありません。しかし、症状が誰の目にも明らかになると、家族や友人、同僚など人間関係に悪影響が出ることがあります。家族の場合は巻き込まれて、掃除を強要されるなど強迫行為を手助けしなくてはならなくなることもあります。

症状が強くなると強迫行為にかかわる時間が増え、通常の作業や行動ができなくなるので、学業や仕事にも深刻な影響が出ます。仕事や学校生活を続けるのが困難になることもあり、さらには引きこもりのような状態になる場合もあります。こうした生活全般への影響から、OCDの患者さんのなかにはうつ症状がみられる人もいます。

OCDによる社会機能の妨害

(アメリカ合衆国における700人の患者を対象とした調査による)

頻度(%)
活動
92.1%

自尊心の低下

66.3%

職業向上心の低下

64.4%

配偶者との関係悪化

62.1%

友人の減少

60.1%

学業成績の低下

59.8%

親との関係への悪影響

57.8%

症状への家族の巻き込み

57.1%

自殺念慮

51.7%

子供との関係への悪影響

47.7%

転職

42.9%

親しい人間関係の破壊

33.1%

家族との交流の妨害

26.1%

家族の仕事の妨害

23.7%

家庭生活/人間関係の崩壊

22.4%

一時解雇

18.6%

アルコールの乱用

13.1%

その他の薬物の乱用

12.2%

自殺企図

9.3%

家族の学業の妨害

Hollanderら(1997)より改変


この結果は、アメリカの調査で得られたものですが、日本の患者さんも感じていることではないでしょうか。多くの方々が自尊心をなくし、仕事や学業への意欲が低下したと感じ、また、人間関係では、親、配偶者、子ども、友人など身近な人との関係に支障をきたすことも少なくないのです。