トップOCDコラム > 第127回
OCDコラム

OCDコラム

OCD体験者座談会2014 Vol.1(全2回)
不潔恐怖で意気投合

今年8月に行ったOCD体験者座談会には、不潔・汚染への強迫症状を今も抱えている女性2名に参加していただき、日頃、OCDの症状で人知れず苦労しているお話を率直に語っていただきました。
OCDという共通の問題を抱えている者同士だからこそ、世代が違ってもお互いの気持ちがわかり合えたようです。こちらのコラムをお読みの方で、今まで自助グループに参加したことがない、ほかのOCDの患者さんに会ったことがないという人もたくさんいらっしゃると思います。このコラムを読んで、「悩んでいるのは自分だけではない」と気づき、「そうそう!」と共感して、心が少し軽くなっていただければと思います。


目次
§1 足元と地面の汚れ
§2 外出して思い通りにならないこと
§3 洗浄行為で困ること
§4 強迫行為と家族との関係


§1 足元と地面の汚れ

有園

本日は不潔恐怖を抱えている女性の方2名にお越しいただいて、日ごろの思いを語っていただこうと思います。まずどのような不潔恐怖を抱えているか話してもらえますか。

チェリー

私は、血液が駄目、HIV(*1)が怖いです。自分がこの病気にかかっているわけでも、周囲に患者さんがいるというわけでもないんですけど。
もともとは、鍵の確認を何度も何度もしてしまう症状でした。それはうちに泥棒が3、4回入ったからだと思います。同じ犯人だったようで、最後に家を荒らされていて、それで「鍵、ちゃんと閉めたかな」と不安になり、鍵が壊れるぐらい確認していました。
その後、15年ぐらい前に、HIVに関するテレビを見て「HIVって死んじゃうんだ」と思うようになり、血液や血液を連想させる赤いものが駄目という症状に移行していきました。

有園
OCDの発症は何歳ぐらいからですか。

チェリー
19歳ぐらいです。でも、そのときは病気だとわからないので、「まあ、そういうものか」という感じで。10年以上は病気だってよくわからないままでした。当時の職場で、手洗いによく行っていて、あるとき、同僚から「よく手洗いに行くよね」「なんか変だよね」といわれて、病院に行きました。

バナナ

私は、18歳ごろから不潔恐怖が出始めたという自覚があります。そのときによって、不潔だと思う対象が変わったりはしますが、最初は自分の部屋が聖域で外のものは汚いという感じで、部屋に持ち込むものに気を使っていましたが、不潔だと思っているものを自分の部屋の床に置いていたら、今度は自分の部屋の床が不潔に思えてきて、自分の部屋より外のほうがまだましみたいな感じに今は変わってきています。自分の部屋を歩く足や足元が汚いと感じるようになってきて、スリッパを三足持っています。今は、帰ってきて、足を洗うのにすごく時間がかかったりと、そのあたりのこだわりが大きいです。

有園
スリッパってどんなふうに使い分けるのですか。

バナナ
一つはきれいなスリッパを用意していて、もう一つは汚れたときに履けるものです。さらに自分の部屋に入って、荷物を持って、学校に行って帰ってきたとき用のスリッパみたいな感じで三足(笑)。ちょっと難しいんですけど。

チェリー
わかる!

有園
わかる? 解説して(笑)。

チェリー
私も前そうだったから。私は外が嫌だから、外から帰ってきたときに、きれいなスリッパにすぐには履き替えたくないんです。スリッパが汚れちゃうから。だから、「これならいいや」的なものを履いて。私の場合、お風呂に入って清潔になったら、きれいなほうに履き替える感じです。

バナナ
そうそうそう(笑)。

チェリー
そうですね。すぐにはきれいなものに触れられない、自分がきれいになったと納得するまでは触りません。

有園
バナナさんの場合は外よりも部屋の床のほうが汚いと感じるの?

バナナ
はい。床ほどではないけど、自分の部屋が全体的に汚いような気がする。ドアを開けるときは、ドアノブとの間にティッシュを挟むのですが、その後手を洗います。部屋の床に箱を置いて、その中に袋を置いて、本とかバッグはそこに仕舞います。



§2 外出して思い通りにならないこと

チェリー
私はマンションに住んでいるのですが、エントランスなどの公共部分のドアにも触りたくなくて。だから、マンションの玄関先で会った人が「入りますか」と聞いてくれるのを待ってみることもあります。そうすると自分がドアに触らなくて済むから。

有園
そういう自宅周辺で何か気になることはありますか? たとえば、近所の人から怪しまれたとか。

チェリー
ああ、あります。私の場合、血液というか赤いものが駄目だから、道路に赤いものや血を想像させるばんそうこうやティッシュが落ちていたりすると、踏んでもいないのに「あ、踏んだかも。どうしよう」と不安になって、靴の裏を水で濡らします。取りあえずきれいになったと納得するまでは嫌な気持ちが続きます。マンションの中を汚したくないから、エントランスで靴に水をかけることがあるので、「あの人、何をやっているの?」って変に思われていると思います。私の場合、家の外が嫌なので、玄関の外側の鍵穴も嫌ですが、外から帰ってきた自分も嫌で、自分の手を拭いてから鍵を開けるんです。そんなとき、廊下で人とすれ違うと「変だと思われたかしら」と心配になります。

有園
その「踏む」「踏んだかもしれない」ということに関してはどうですか。靴が汚れると感じるのですか。

バナナ
私は足元自体が汚いと思っているから、何かを踏んだから汚いというのではないです。靴自体が汚れていると感じていて、靴が触れないので、学校とかで靴を履き替えなくちゃいけないときは、かなり苦労しました。

有園
では、歯科医院とか病院ではどうですか。

チェリー
駄目です。今年になって気合を入れて、歯医者に行きました。あらかじめ自分の病気のことを告げ、歯医者が苦手な人も扱う病院に行ったのですが、結局、気になっている箇所だけちょっとやってもらい、「そういう不安があるのだったら、春ぐらいにやりましょう」といわれて、あまり処置してもらっていません。病院も大きい病院はクリニックより嫌ですね。採血しているところは見たくないですし。

バナナ
私もいままでは歯医者には行っていませんでしたが、私の場合は、その理由が靴を履き替えなくてはいけないからです。今は、履き替えなくてよい歯科医院が見つかったので、通えるようになりました。

有園
ほかに苦手なものはありますか。

チェリー
私はトイレを清掃してくれる方が苦手です。清掃してくれる人がいるからトイレがきれいになっていることはわかるのですが、清掃のときに便器などを拭いた手で蛇口とかを掃除しているのを見ると……。

有園
たとえば、親切な人が落とし物を拾ってくれて「はい」と渡されたら、どう対応しますか。

バナナ
私、実際にそういう経験があって。電車のなかだったんですが、直接受け取れなくて、「すみません。隣の席に置いてください」といって、その後、ティッシュを4枚ぐらい重ねて落し物を持って、捨てたことがありました。拾ってくれた人が見たら、怒ると思ったんですけど。

チェリー
私は電車などに乗っていて、すごい傷があるのに、ばんそうこうも貼っていない人がいると、「そばに来ないで!」と思っちゃうんです。申し訳ないけど。あと苦手なのは、すごく遊んでいそうな男の人(笑)。病気をもっているんじゃないかと思って。

有園
ほかに不潔恐怖のために、日常生活で困ることはありますか。たとえば外に持って行ったかばんを、家に持ち込むときにはどうしていますか。

バナナ
かばんとか学校に持っていくものは、取りあえずきれいにしておきたいんです。汚いと思うものに触れないように気をつけていますから、特に拭いたりはしないんですけど、遊びに行くとき用のかばんは、洗えるものしか持たないようにしています。

チェリー
私も洗えるものをずっと使っています。基本は1日使ったら洗う。洗濯機に入れちゃいます。だから、布製のエコバッグになっちゃいます。皮製のものは絶対使えませんね。だけど、そのあたりの課題を克服しようと思って、洗えないバッグを買おうと探しているところです。

有園
コピー用紙って汚いと感じますか。

バナナ
コピー用紙は、コピーをして出てきた新しい紙は平気ですけど、コピーをとるために機械に挟んだほうの原紙が嫌です。最近、友達のものもコピー機に挟みたくないので、iPadで写真撮らせてもらっています。「コピー代、節約!」といっていますが。
昔、汚いと思っていたキャンパスに持っていったことのある本は、やっぱり汚いものだと思ってしまうので、最近PDF化して、電子書籍にして読んでいます。電子書籍にすると、部屋にある大量の本も減るし、重たい本を学校に持って行かなくていいから、楽なんです。でも、きっかけは汚いものに触りたくないという理由ですけど。

有園
なるほど。合理的なようにも思えるけど、行動の動機からすると強迫行為ですね。汚いものに触りたくないということが動機ですからね。



§3 洗浄行為で困ること

有園
2人とも症状として手洗いがあるわけですよね。洗うときはどんな感じですか。

チェリー
今は少しずつ回数を減らすようにしていますが、以前はかなり頻繁で、トイレで手を洗って、いったん終わっても「トイレの壁にくっついたかな」と思って、また戻って手を洗ってと繰り返していました。手洗い場は石けんや水を出すときにレバーなどに触れなくても、自動で出るところがいいです。固形の石けんだと「前の人はどうやって使ったんだろう」と考えてしまい、1回石けんをきれいにしてから使います。だから、あまり外ではトイレに入らないようにしています。入るとしたら、私の場合は和式ですね。

バナナ
私は学校では入らないです。本などきれいにしておきたいものを持っているときはトイレに入りません。遊びに行ったときや、きれいにしておきたいものを持っていないときは入ることもあります。

有園
外出先でトイレに行けないのって大変ですね。入浴などで困ることはありますか。

チェリー
水道代(笑)。

バナナ
私も! 私が実家に帰ったらいきなり水道代が増えてしまって。「もしかしたら水漏れではないでしょうか」という内容のお便りが水道局から届いたくらいです。

有園
お母さん、何もいいませんか

バナナ
最近、諦めています(笑)。チェリーさんは、入浴にはどれぐらい時間がかかりますか。

チェリー
仕事などで外出した日は1時間半から2時間。家に一日いるときは1時間くらいかな。

バナナ
私は、これまでは2時間を超えなかったんですけど、最近、2時間10分とか15分とか増えています。特に洗う工程が増えているわけではないんだけど、時間が延びているから、念入りになったのかな、あと確認が多くなったのかもしれません。「あれ、洗ったっけ?」みたいなことが増えているのかな。

有園
除菌グッズとかは使いますか。

チェリー
本当にひどいときは、80枚とか100枚入りのウェットティッシュを全部、1日に家だけで使っちゃいました。

バナナ
先日、汚く思える人が満員電車にいたときは、1パック40枚入りのものを4つぐらい使ったかもしれないです。普段は1パックで3~4日はもつんですけど。

チェリー
私は80枚入りを1週間で使っていますけど、最近、1週間過ぎても残るようになりました。ただ、今は飼っている小鳥に使っているから。籠から放したときとかにフンをすると、ウェットティッシュで拭いたりするから、そっちで増えたというのはありますね。



§4 強迫行為と家族との関係

有園
そのほかに洗浄のための儀式はありますか。

チェリー
以前は、外出のときに着ていたものは、帰宅したら確実に洗濯機の中に入れていました。家にいるときは同じ服を着ていても大丈夫なんですけど、ちょっとでも外に出たら、洗濯機にすぐ。

有園
洗濯は自分でするんですか。

バナナ
私は親です。「洗濯機のふたを開けたあと、手を洗ってからやってね」ってお願いしています。

チェリー
今までは、主人が洗濯をして、干すのだけ私でした。だけど、昨日は私が主人のものも含めて洗濯しました。主人が洗濯機から服を取ろうとしたので「あ、取らないで。私、自分で洗濯機から服を取るから」といっていました。

有園
だんなさんは、病気に対して理解がありますね。

チェリー
そうですね。病院に行く前は症状がひどかったから、けんかもしていたんです。主人から「そんなに『わーっ』といわれると疲れちゃうよ」といわれたこともあります。ものすごく申し訳ないという気持ちもあって、このままだといけないと思い、病院に行ったほうがいいかなと考えるようになりました。やはり病院に行ってからのほうが断然、前向きになりました。以前は極端にいうと「こんなつらいんだったら、いなくなりたい」と思っていたほどですから。

バナナ
家族に「ここにこれを置かないでよ」とか、いうことありますか。

チェリー
ありました。「置いてもいいけど、そこをちゃんと拭いて」とか。買い物してきたものを床に置いたら、そのあと床を拭きます。そんなときも「拭いて!」とか、強い制約をしていました。今もときどきしてしまいますが、以前はもっと縛っていた気がします。

有園
チェリーさんは、飼っている小鳥で気になることはありますか。

チェリー
小鳥が2羽いて、主人が仕事から帰ってきたときに籠から出して、洗っていない私の頭や私のまだ拭いていない財布などに乗ってしまうことがあります。さらに、その後別の拭いたものの上に乗ったりしているけど、小鳥は別に何とも思っていないわけだし、「しょうがないか」と思うようになりました。

バナナ
それで対処できるのはすごいですね。

チェリー
カラスとかハエだったら「うわあ」となるんですけど、自分が飼っている鳥だし。最初のうちは、この子、お風呂に入らないかなとか思ったこともあるんですけど、だんだん「しょうがないか」と思えるようになってきました。

バナナ
鳥ってお風呂入らないですね。

チェリー
水浴びはしますよ。でも、一羽はあまり水浴びをしなくて、「何でしないんだ」と思ったんですが(笑)。強要できないし。嫌なことをやらせるわけにはいかないので「しょうがないか」と思って。

バナナ
チェリーさんは手を洗っているときに話し掛けられたりとか、音がしたりして「あれ、今、何回目だったかな」とか、わからなくなることありませんか。

チェリー
あります、あります。だから「ああ、今ちょっと黙っていて」と思うことはあるし、主人に話し掛けられても「今、忙しいから」ということもあります。

バナナ
私も家に帰って、「じゃあ、黙っていてね」と家族にいってから、手洗いを始めます。

チェリー
今は手洗いの途中で多少の障害があっても「やったよね」と思えるようになりました。洗い直すにしても、1回くらい、ちょちょっと洗うかもしれないけれど、前だったら最初からやり直していました。



次回も、お二人による座談会の続きを掲載します。お楽しみに。


*注釈
(*1)
HIV――ヒト免疫不全ウイルスの略。人の免疫細胞に感染して、免疫力が低下するため、さまざまな病気になりやすくなり、やがてエイズ(後天性免疫不全症候群) という病気を発症させる。感染経路についての正しい知識が大切。
HIV検査・相談マップ
http://www.hivkensa.com/